2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おともだち

アカウントいろいろ

Twitter
無料ブログはココログ

2013年6月14日 (金)

移設

ブログを移設します
http://blog.livedoor.jp/athena_megumi/archives/29299161.html

2013年6月 3日 (月)

ああ~あ~♪


最近ずーっとぐだぐだしてます、あてなです。

本日のBGMはこれ→ 溝ノ口Forever

天体戦士サンレッド面白かったですね。2ヶ月くらい前に見始めて、2週間くらいで全部見ちゃいました。

ヴァンプ将軍!がんばってください!



2013年5月27日 (月)

守りぬく、地球(すっとぼけ)

ぼくも大好き、みんなも大好き『地球防衛軍』。突然やってきた宇宙からの侵略者と戦い、地球を守るゲームです。

XboxちゃんでプレイできるEDF3(Earth Defence Forth=地球防衛軍)では、筐体のスペック向上もあり、こんなのや

Edf3p_120802   ※ 敵の二足自走型戦車ヘクトル。3体ぐらい同時に出てきた時は絶望の一言。


こんなのや

Edf3p   ※ 空戦力のUFOガンシップと対地戦力の蟻。このゲーム中最もよく目にする侵略者。


こんなのと戦えたりします。

20080516012003   ※ 敵母艦マザーシップ。もちろんラスボス。発狂ビーム乱射は圧倒的。絶望感溢れる光景。


ん?なんかVitaの画像が混じってる気がする。気にしないキニシナイ。


何よりもこのゲームの面白いところは、敵配置とマッピングを攻略し、個性的な武器を駆使して、巨大で大量の敵を戦略的に倒すところにあります。

ビルを盾にして敵の攻撃をしのいだり、谷に追い込んで多対一の状況をカバーしたり、開けた高所からスナイピングでジリジリと攻めたり……などなど!

まさに戦争!

しかし敵は圧倒的多数、対するEDFの兵力は少なく、誰が見ても辛戦は避けられない状況
……。

ならばどうするか?

答えは簡単!……戦略である!


EDFは地球を守る為なら、どんな犠牲も厭わない!

そう、だから例え街が焦土になろうと構わないのだ!

M52queenl1   ※ 更地になった街。爆破物で応戦してると自然にこうなる。EDF隊員なら見飽きた風景である。


なんかテロリストじみてる楽しさのあるゲームでした。

その地球防衛軍シリーズがついに!新作を!出すんだぞ!

その名も……

Edf402
『地球防衛軍4』!やっぱりサブタイとかもない!あっさりしすぎ!うーんいいぞ!

個人的にはJOJOオールスターバトルより楽しみです。

ちなみに気になるEDF4公式HPはこちら!
http://www.d3p.co.jp/edf4/#top



こんだけステマしといたし、D3パブリッシャーからドリクラの新作とかあったら情報もらいたい。





おまけ。

Img_06
公式HPより。セッチャンダヨー。


2013年5月23日 (木)

くじらのはなし

昔むかし、まだ誰もいない頃のお話です。
 今よりずうっと広い海に、大きなくじらがありました。

頭から背中まででほとんど海の半分を覆ってしまうほどで、ひれは水を切る手足というより、巨大なかたまりがずしりとくっついているようです。尾は逞しく、何百年も過ごした大樹のようで、もしこれが動くようなら、海鳥も浮島も飲み尽くす巨大な津波が起きるに違いありません。
 赤茶のごつごつした肌に、もりっと盛り上がる血管は山脈のようで、べったりこびりついた深緑や赤紫の色とりどりの苔が、一層それを連想させます。
 ばかっと肌を裂いて走った瞼やしわの深くからは、不気味に巨大な青白い目だまが、ぎょろりと動き回ります。
 鼻や潮を噴くのに空いたからだの穴は地獄の窯に見え、そこから出る息か何かの音は恐ろしく低く、悲痛な叫び声に聞こえます。
 くじらは、自分が大きすぎることを知っていました。そしてそれが、くじらはたまらなく嫌で、かなしいのでした。
 一度くじらは、かなしいあまりを歌ってみようと思いました。
 ぼくはからだが大きいのだから、きっと世界中に届く歌が歌えるだろう。そうしたら、ぼくとともだちになれる誰かが、きっとぼくを捜してくれるかもしれない。
 そう考えたのです。
 けれども、くじらの淡い希望も上手くいきませんでした。
 くじらがありったけの水を吸い込んで歌ってみると、海はたいへんな混乱になりました。
 鮮やかな珊瑚礁の森も、清潔な熱帯魚のおうちも、南を目指すさかなの群れもみんな、闇色のうずに抱かれました。
 そしてごろごろと、雷鳴のようなくじらの歌が、広い広い海に轟きました。
 世界で一番長生きの亀は、これは神さまのお怒りだと恐れました。
 やくざものの鮫は、悪魔がこの世に降り立ったのだと震えました。
 くじらのささやかな頑張りは、そのくじら自身の大きなからだが阻んでしまったのでした。

 
いつしかくじらは、誰にも迷惑をかけないように、自分が嫌いな自分自身が、せめて誰かに嫌われやしないように、動かなくなりました。
 泳ぐのをやめ、息を吸うのも潮を吹くのもやめ、ぎょろりと恐ろしい目だまは瞼で隠し、海の溝の一番深くで過ごしました。
 春も夏も秋も冬も。
 その次の春も夏も秋も冬も。
いつしかくじらは海の山と呼ばれ、ただの巨大な何かになりました。

 そうして何年もたった冬に、くじらのからだはゆっくりと、気球が空にのぼるように、海の上に浮いてきました。
 それは、もう昔のくじらではありません。
 深い青白の目だまは、海の底のならずものに取られてしまっていて、いん石でも落ちたみたいに窪んでいます。
 色とりどりの苔はすっかり落ち込んでしまい、海の底の暗さが混ざりくすんでいました。
 ごつごつの逞しい肌も、どこからか落ちてきた様々なごみや、とがったさかなの骨なんかで、ぜんぜん前とは違って見えます。
 もうすっかり変わってしまったくじらのからだを、しんしん降る雪が、母親が子どもをかばうように、隠してまいました。
 もはや海に浮かぶものがくじらだとは、もう誰も気づかないのでした。

寒くて長い冬は終わり、ついに春がきました。
 雪衣はその下にかばっていた赤茶を道づれに溶けてしまい、いよいよ何だかわからない巨大なものが、海の上に現れました。
 さみしげにぷかぷかと浮かんでいるそれは、誰かを待っているように見えます。あるいは本当に、誰かを待っているのかもしれません。
 と、そこに渡り鳥がやってきました。南の方はもう暑いのだ、ぼくはやってられないぞ! と言わんばかりに羽を大げさにばたつかせています。
 しかしやっぱり渡り鳥は、あんまりぷんぷん飛んできたので、くたくたに疲れてしまいました。
どこかで一休みしたいなあ、とそこらを見回すと、ちょうどいい休憩所があるではないですか。
 こりゃあいいや、羽休めも一緒にお腹もふくらまそうじゃないか。
 すいいいっ。上機嫌な着地で、渡り鳥はくじらのからだに降り立ちました。
 かぷり。
あまり綺麗ではないくじらの肉を、あまり綺麗ではないくちばしでもてあそびます。
くじらの肉は、やっぱりおいしくありません。
 ぺっ。なんだこりゃ、腐ってるじゃないか。
渡り鳥は不満そうです。くちばしについた残りかすを、羽をほぐすのと一緒に払いました。
本当ならもう少し休んでいきたいものですが、疲れと不満でいらついた渡り鳥は、とっとと北で巣作りでもしちまおうと飛び立っていきました。
けれども渡り鳥は知りません。
 くじらのおにくの残りかすにくっついて、南の島の花の種を落としたことを。


 それは、ちょうど渡り鳥がほじったところに咲いていました。
 くじらのからだを命に変えて、火炎のような赤黒の肉の中で、けんめいに生きていました。
 きれいなきれいな黄色で、やさしい綿毛が種を運ぶ花です。
 ときどき吹く春のそよ風に、花の綿毛をたくすさまは、とても幸せでした。
 ちりぢりになった黄色の羽は、新しい肌のようにくじらのからだを包みました。
 かじられた尾っぽやお腹だった場所、大うずを起こした喉も、みんな黄色の幸せせでいっぱいになりました。
 もう少し過ぎると、種はまた新しい花を開かせ、今度はぬるい世界の息吹に飛ばされて喜びを蒔きました。
 お天道さまがかんかんになっても、花は粘り強く育ち、かみなりのすき間を縫って綿毛を舞わせました。
 木枯らしにも負けません。黄色はさらに鮮やかさをまして、めげずに何度も空へ昇り、前より多くの種を飛ばせるよう頑張りました。
 雪が降る冬も寒さに震えながら、それでも花は倒れません。くじらのからだ達からほんの少しの栄養をもらって、じっと雲に向かって耐え忍びました。
 そして、また春がきました。
 もうくじらの肉は、雪と一緒にとけてしまい、ほとんどなくなってしまいました。
 ただ、花はそこにありました。
 根をからませ、骨にしがみつき、くじらの新しいからだをつくりあげました。
 それはまるで幸せの大地でした。
 広い広い、大きな海。
 そこには柔らかな黄色の、大きな大きな優しい幸せがありました。



15歳の思い出

15歳の夏、親父がぼくに向かってこう言いました。

「お前も15歳になるんだから、これを読みなさい」

そして渡されたのがコレ。

5145dt8zbvl

名作まんが、さいとう・たかを著『サバイバル』でした。




このまんが、大地震によって壊滅した日本でたくましく生きていくサトルくん(15歳)のサバイバル生活を描いています。

サトルくんは過酷な環境に対応するため、時には弓矢を自作したり、ミミズを食べてみたりと本当にたくましく成長していきます。

News2ch53081


さらには大量の保存食であり動物性タンパク質、つまり大型肉食獣を捕獲する計画を立てて、実際に猪や熊を狩ってしまいます。
しっかりと罠を自作したり、動物を解体して干し肉にする手際は、とても15歳とは思えません。

Toko004saba


そして一回り成長したサトルくんは日本列島に上陸し、暴力が支配する破滅した社会に対面する・・・というお話です。


なぜか親父が「友人からわざわざ借りてきたから読みなさい」と勧めてくれたこのまんが、シチュエーションも内容も非常にショッキングなので、とても印象に残っています。

2013年5月16日 (木)

アニメイション

さーて、誰にも望まれないであろう、あてな's ブログ、その更新の日が今日もやってまいりました(涙目)。

今日はとっても暇だったので、次回の小説の設定煮詰めたりプロット立てたりして過ごしてたんですが、
やっぱり、誰しもいつかは考えると思うんです。


「自分の今まで観てきた作品のランクつけよう・・・」
って・・・。

今日はそういうことなので、ぼくの今まで観てきたアニメ、映画を、がんばってランク付けしてみました。

ぶっちゃけその日その日の気分で決めますが、まあ、いいよね(適当)。┐(´-`)┌





アニメイション

1位:ARIA The ANIMATION(ハルフィルムメーカー制作/佐藤順一監督)

20100623_1021648

やっぱりARIAがナンバーワン!ということでARIA The ANIMATIONです。
9話の「その オレンジ色の日々を…」は何度見ても感動つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
アリア社長もまー社長もすきだよ!(ヒメ社長はふつう)




2位:ノエイン もうひとりの君へ(サテライト制作/赤根和樹監督)

Noefi2432082_0e
みんな大好きノエイン!監督はエスカフローネの赤根和樹さん!うーん名作・・・!
テーマと深く関連するのは物理学における「観測者による存在の確立」。難しそうだけど、
意外とそうでもなかったりするのがすごい。あと12話の作画とか。しゅごい。うん。



3位:天元突破グレンラガン(GAINAX制作/今石洋之監督)

G01
みんな大好きグレンラガン!朝からやってたとは思えない熱さですよね本当!
このアニメ、実は放送終了してからTSUTAYAでジャケ借りしたんですが、予想以上の名作。
シモンが立ち上がるシーンとか最終回とかカミナがアレするシーンとか・・・熱い!
なんかアイス食べたくなってきた。




4位:ジュエルペット てぃんくる☆(スタジオコメット制作/山本天志監督)

Tumblr_l0hg8katmj1qzvtljo1_500
ジュエルペットシリーズの異色作(というが実は毎回異色)で超王道魔法少女もののてぃんくる!
主人公のあかりちゃんが魔法を学んだり、友だちとけんかしたり、困難を乗り越えたりします。
話もしっかりしてるし、音楽もいいし、キャラもみんないい子いい子。大好きな作品です!





5位:がくえんゆーとぴあ まなびストレート!(ufotable制作/チームまなび部屋監督)

0109_01sam
まなびラインでお馴染み、まなびストレート!
就学でなく就職こそが社会の為、という風潮の近未来。転校生の天宮まなびが聖櫻学園の
生徒会長になって学園をワクワクキラキラな場所にしちゃったりするお話!
意外と重い話に真剣に立ち向かっていく、聖櫻学園生徒会のみんな・・・すき!





映画

1位:ライフ・イズ・ビューティフル(ロベルト・ベニーニ監督)

51rawjclbrl
この前キル・ビル推しすぎてよく分かんなくなっちゃったけど、本当はこれが一番すき!
迫害に負けない家族の愛と絆を描いた名作が・・・これだァ(CV.石塚運昇)
たぶん8回くらい見たよ。゜゜(´□`。)°゜。



   ショーシャンクの空に(フランク・ダラボン監督)

Img_165722_1031495_0
あと1番がどうしても絞れなかった・・・。キル・ビルでなく・・・ショーシャンクとどっちか迷った・・・。
迷った末の同着1番!濡れ衣を着せられた男が、刑務所の中で生きる姿勢を描いた作品です。
ラストはあわわわわ・・・爽やかで感動するよ(適当)





2位:ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン- (エドガー・ライト監督)
838_large
あんまり知られてないイギリス発のコメディアクション映画、ホットファズ。
警察もの作品のパロディが盛りだくさんだけど、正直そんな知識なくても面白い!(経験者談)
ちょっとグロいシーンがあるけど、それも楽しめる人は多分ハマれる映画です。

   キル・ビ(クエンティン・タランティーノ監督)

187

やってきました我らがキル・ビル!相変わらず訳わからん服装!うーんイカすゥ!
このハイテンションについてこれるかな?!タランティーノがかっ飛ばす2時間!
なんかキル・ビルの時「!」が多い気がするけど、そんなの気のせいだァ!(錯乱)





3位:SAW(ジェームズ・ワン監督)

Saw1
めっちゃグロい映画のイメージがあるSAWですが、どちらかといえばサスペンス・ミステリー寄り
なイメージがあります。グロいのは3から。1と2は普通に話が面白いのです。
当時ネタバレとか知らないで最後まで見たときの感動はもう・・・しゅごいぃ・・・。
ちなみに2は友達にネタバレされたので見てません
コノヤロ ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・; グハァ





4位:羊たちの沈黙(ジョナサン・デミ監督)

Cap227
アメリカでは女性の皮膚を剥ぎ取る怪事件が横行していた。
主人公は若手の女FBI捜査官。そして歪んだ性癖をもつ囚人、元天才精神科医のレクター博士。
彼と彼女の奇妙な『助言の取引』によって、物語は進んでゆく・・・。
サスペンスの王道といえばコレじゃないでしょうか。不気味な雰囲気、絡む問題、それを解決する
謎の助言・・・。また見たくなってきた・・・!





5位:ガメラ2 レギオン襲来(金子修介監督)

2
最後は今なお『特撮の最高傑作』と名高いガメラ2です。今から17年前の映画にも関わらず、
確かにこれは特撮最高傑作だ!!
なんだこれ、本物の自衛隊だ!本物の戦車だ!ワハハ!バカだコイツら!
シナリオも3部連作で、これはその真ん中になります。ラストはもちろん必殺技で締める。
見終わったら「あの必殺技は一体・・・何なんだ!?」と言いたくなるでしょう。






なんか長かった・・・。これでTSUTAYAさんとGEOさんからお金がもらえる・・・。

・・・。

がんばったので・・・お金ください・・・。


2013年5月14日 (火)

部屋とワイシャツとカレーと私

本日もやってまいりました、あてなです。
本当にこのブログに価値があるのか?! ということを考えてたら、だんだん辛くなってくる・・・。
けど負けない!


というわけで今回の更新、部屋とワイシャツとカレーと私です。
ぼくはカレーが好きで、よくクックパッドとか料理ブログなんかで美味しそうなカレーを調べては真似してみるのが趣味になっています。
日頃からお世話になった(クックパッド投稿者の)みなさまに感謝の意を込めて・・・!
ぼくの秘蔵のカレーレシピをお披露目してみます!ジャーン!パフパフ!

しかし、ぼくも一人暮らしのしょぼい学生・・・あんまり手間をかけることはしたくない・・・。
ですので名前を付けるなら、あてな特製手抜きカレーのレシピ!こんな感じなのだ☟
|ω・)



材料:

 好きな野菜 + みじん切り用玉ねぎ1玉
 好きなお肉
 カレールー
 無塩トマトジュース
 顆粒コンソメ
 バター (たぶんマーガリンでもおいしい)
 赤ワイン (好き嫌いがあるのでお好みで)

作り方:

  1. 材料を切る。大きさはてきとーで。玉ねぎは細めと、みじん切りにしておきます。
    にんじんとかじゃがいもは、レンジでチンしておくと炒めないで済むので便利!

  2. 材料を炒める。順番は

     バター溶かした鍋にみじん切り玉ねぎドバー(色がつくまで)
     → 玉ねぎドバー(しなしなになるまで)
     → お肉ドバー(軽く塩コショウで味付け) ここで少し赤ワイン入れて炒めます
     → 根菜ドバー

    こんな感じ。みじん切り玉ねぎはゆっくり火を通すと美味しい。焦げてもおいしい。
     
  3. お水とトマトジュースを入れる。黄金比率は水4~5:1トマトジュース!
    10皿分のカレーならだいたい水1000ml + トマトジュース200mlくらい。
    顆粒コンソメをテキトーにドバーっと加えて煮込む。
    アクは丁寧にとってあげると、おいしい上澄みが残って良いカレーになるよ!

  4. カレールーを入れて5分くらい弱火で煮込んで完成!
そしてできあがったカレーがこちら!\ジャジャーン!/

Photo_2
おいしそー!いただきまーす!んー!ンマイ!

明日もおいしいカレー食べるぞー!明後日もだー!ハハハ・・・


2013年5月 9日 (木)

ひまだね

毎週木曜日は午前中に講義が終わるので暇になります。
暇だと映画見たくなるよね映画。
というわけで紹介するのが『キル・ビル』です。




ぼくの一番好きな映画『キル・ビル』

Img_131473_5255311_0

何が好きかと言うと、もうこの映画中に充満したハイテンション感です。
監督のクエンティン・タランティーノを「本当にコイツ日本好きか?」と疑いたくなるほど勘違いされた日本像!


ニポンといえばスシ

20120920_298348_2
 
*その名もハットリ・ハンゾウ。なぜか沖縄にいる。その正体は伝説の忍者かと思いきや、一流の刀鍛冶







ニポンといえばシンケンショーブ

20101008_620993
*Japanese mafiaのボスとの真剣勝負。実は動きにくい雪上なので裸足。絶対着物のが動きにくいだろ…







ニポンといえばジョシコーセー

O0273042010674757570
 *栗山千明演じるJKヤクザ『ゴーゴー夕張』。武器は鉄球。そこに女子高生らしさはカケラもない







そしてニポンといえばやっぱり……サムラーーーーーイ!!!!!

20090914_1072441
 *緊迫の戦闘シーン。全員構えがどこか素人臭いのは内緒。サムライが一人もいないような気はする……







うーん、とても香ばしい。一切合切隠すつもりのない感じがとても好きなのです。
一応、マフィアに子供を奪われた女が復讐をする。その最終目標がボスのビルを殺す……という、とてもドラマのありそうなストーリーなのですが
ぶっちゃけ他に面白いところが多すぎて、ストーリーなんて興味ナッシング!って人が多数だと思います。

しかし、補って余りあるツッコミどころ!
オープニングから笑わせてくれるBGM、ファンからも大人気の曲『Battle without honer or humanity』、何故か飛行機にカタナを持って入ってたり、そもそも主人公の格好ブルースリーじゃん




頭カラッポなハイテンション・アクションが観たい!という方は是非、お近くのTSUTAYAまで


TSUTAYAさん、これでお金とかもらえませんかね


2013年5月 8日 (水)

俺より強い奴が多すぎる

どうも、あてなです。
ゴールデンウィーク中に銀行が閉まってることを忘れていて、なんとか400円で生き延びました。
人間って現金0円だと、社会的影響力を奪われた心持ちになりますね。
ありていに言ってサルの気分でした。

こんなぼくにラーメンを奢ってくれたまるぶんさんは、本当に命の恩人のように思えます。
ありがとう、まるぶん。
今度あったらラーメンぼくがおごるね!




とまあこんな具合に過ごしてきたわけですが。

最近ぼくはストリートファイターをはじめました。
4です。スパ4です。2012年調整版からはじめた、ズブズブのド素人です。
最初はwikiを見たり、少しだけ動きを見せてもらったりして、自分の持ちキャラを誰にしようか悩んだんですが…

先輩「そういえばキタエリのキャラがいたぞ。コイツ」

L_juri01
ぼく「じゃあキタエリでいっか」


という簡単な流れで決まりました。韓国出身のストリートファイター『ジュリ』。
CVはもちろん、喜多村英梨女史です。



さて、キャラも決まったし早速練習! と思ってたんですが…。
格闘ゲームにはいわゆるコンボ練習とかの前に、最低限しなきゃいけないことがあるみたいです。
本当に始めたばかりのうちは、ずっと「必殺技コマンドを入れる練習」「ガードをする練習」「飛びを見て対空する練習」だけをしていました。

しかしこれは先輩が考えてくれた、格ゲー上達のメニュー。
こなせなければ上手くなるはずがありません。いや、絶対上手くなる…上手くなるに違いない…きっと…。


自分を騙し騙し、練習をこなして3日目。


「じゃあそろそろコンボ練習しよっか」と解禁!
首輪を外されたような開放感とともに、いざ参るぞ!勝つためのコンボ練習!



しかし残念なことに、このコンボ練習というものも非常に地味な作業になるのです…。
何せ、することはたったの一つ。
『ボタンを正確なタイミングで押してコマンドを入れる。を安定させる』

画面に向かってポチポチポチ…間違えたらも一回ポチポチポチ…ポチポチ…ポチ…。


……。

地味だ……。
想像以上に地味だ……。

しかしコンボが安定しないと、ずっと火力不足に悩まされてしまいます。
また、ジュリというキャラはコンボが強いので、この練習をしないと本当の実力を発揮できなくなってしまいます。

それだけは嫌だ嫌だと、地味に練習を続けることさらに3日。



3つのコンボが5割の確率でつながるようになり、ワクワクしながら先輩に報告。


これが終わったら「対戦ができるレベルになる」と言われていたので、やっと格ゲーらしいことができるようになったんだ!

この喜ばしい報告を受けて


先輩「じゃあ次は対人要素とキャラ対応、あと複合防御の練習しながら対戦してみよっか」
まだ練習するの……。

2013年4月13日 (土)

トランスホーム

本日見た映画はこれ、
その名も『トランスモーファー 人類最終決戦』

1365780977824.jpg


ぱっと見かっこよくて良さげなSFロボット映画っぽいですが、いざ始まるととても香ばしいC級C級アンドC級の嵐


今回はこのトランスモーファーについて記事を書こうと思います。


ワクワクとパソコンにディスクをセットし、日本語吹き替えで再生するとまず驚愕の光景が。

時は2009年、謎の無機生命体による侵略攻撃で、9割の人類が数時間で死滅
それから400年後、人類は遂に最終決戦に出る、とのこと。

ぼく「…???」


もう開始一分で頭がついていけなくなる超展開。隕石が降ってきて街が壊れるCGしか映ってないので何が原因かそもそも説明不足すぎる


しかし映画の展開は早い、視聴者に遠慮せず話はどんどん進んでゆく。


残った人類は地下に潜り、シェルター内でロボットを殲滅する作戦を企て実行する。
部隊はかっこよさげな白人のリーダー率いる数人の小隊、新開発されたロボット捕獲装置も装備して、地上の悪魔どもに火を吹きに行くのだが、

1365780979587.jpg


…???

ん?なんだこれ?


見慣れないしょっぱいポリゴン。どう見てもプレステ画質。
謎の新物体に対して白人リーダーが一言、

「敵襲だ!」

…??!!
敵ってこいつらだったの?!


どうやら予算の都合でポリゴンが安くなっているらしい。
おかしいぞ、FF10の4年後の作品とは思えない。

だがしかし役者の演技は緊張感がまあまあ伝わって来なくもない気がする、きっと真剣そのもの。
敵は確かに強いのだと、考えを改めたその時。

「撃てーっ!」の合図で役者の皆さんが銃をプルプルと動かし始めた。
銃口からは弱ロックバスターのようなフワフワした謎弾がポヒポヒ飛んでゆく。

まさか…これは銃撃戦?!


棒立ちの役者、プルプル動く銃、ポヒポヒ飛ぶ弱ロックバスターとプレステっぽい敵。
ヒョイヒョイ躱したかと思えばポヒン!と当たってしょぼい火花が散り、何故か跡形も無く消えるロボット。


これはクソ映画だと、はっきりと確信しました。


全部見終わった後に見たパンティ&ストッキングは本当に面白かったです。


«はじめました